極・彩色

トミンモーターランドに通っています。 Ninja1000 ABS '13 & ZX-10R (J) '14


トミンです。

ゆらゆらと後部座席で揺れる10Rにビビリながら車を進め、
某さんに助けて頂いてなんとか10Rを降ろしました。(ありがとうございました!)

DSC_6851.jpg

エアコンの利いた車内からジリジリと暑い外を眺める・・・
そうかこれがトランポか!貴族やな!!

DSC_6854.jpg

気温はヤバいほど上昇、午前中のうちに38度とか。
ツナギを着て火鉢に跨るには命の危険がデンジャーな気温です。
走り終わる毎にクーラー全開の車内で横になって休めましたので、なんとか乗り切れましたが・・・
今日自走だったら胃腸炎な自分にはかなり厳しかったと思います。

DSC_6856.jpg

ライディングはと言いますと
タイヤウォーマーいらずの気温のお陰で、走りだしの感触が非常に良く。
各走行枠の前半に集中するスタイルでいきましたらば
一本目からアタックしたラップは27秒台に乗っていて、これはいい感じ、と

DSC_6857.jpg

そしてついにベスト更新。ベスト更新はなんと一年ぶり

「7秒5以降のタイムは、SSではけして速くない」 by 某塾長

ハハッ!割ってやったやで!!

DSC_6865.jpg

そして5本目にはさらに更新。見えづらいですが、27.42です。

今回は、単独でタイムを出せたこと、
それから、体力と気温の制限の中、狙ってアタックしたラップでタイムが出たこと
この二点は良い収穫で、自信につながります。

今回はスロットルワークについて重点的にイメトレを重ねてきたところ、
完ぺきではないけれど、以前よりだいぶ早めに開けられるようになってきた。
このままスロットルワークをもっと改善すれば、27秒フラットくらいまで手が届くような気がしています。

タイムを出すには、タイヤとマシンを除けば、ライダーがどうやって動くのかがカギになるわけで
自分の体をどう動かすか、如何に良いイメージを得て、そのイメージ通りに体を動かすか、というところがカギかと。

DSC_6867.jpg

某イントラ様にお手伝いいただきつつ、再び入庫。
このあと決死の首都高ライディングがないと思うと、とてもとてもリラックスして帰途に付けます。

DSC_6869.jpg

撤収の進むトミン。
都心からは離れているので、5時を過ぎれば風が涼を運びます。
昼間の灼熱地獄がまるで嘘のような夕涼み。

**

K様、ご愁傷様でした。
決定的瞬間が取れていると思っていましたが、わずかに距離があり、映っておりませんでした。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL